Sparks inside of me

劇場に行くためにどこでもドアが欲しいミュージカルオタクの観劇記録と観るためのあれこれ

【観劇記録】2018年下期観劇まとめ(12月)

f:id:theatregoersatoko:20190301224355j:plain

 2018年の下期に観劇した作品についての個人的な記録を兼ねたまとめ記事その6、12月分です。12月は個別レポ完全制覇を達成!というわけでそれぞれの個別レポにリンクを貼っています。そしてやっと2018年の観劇記録が完了!

続きを読む

【観劇レポ】ミュージカル『ジキル&ハイド』(지킬 앤 하이드, Jekyll & Hyde) @ Charlotte Theatre, Seoul《2018.12.31ソワレ》

f:id:theatregoersatoko:20190113020724j:plain

 2018年の観劇納めはミュージカル『ジキル&ハイド』(지킬 앤 하이드, Jekyll & Hyde) を観てきました。もはや私が説明するまでもないフランク・ワイルドホーン氏作曲作品の代表作とも言える超有名ミュージカルですが、私はこの時が初めての観劇。そんな私の初めてのジキハイ観劇の主役級キャストのみなさまは、キャストボードの写真の通り、以下のみなさまでした。

 ジキル/ハイド:ホン・グァンホさん
 ルーシー:ヘナさん
 エマ:ミン・ギョンアさん

続きを読む

【観劇レポ】ミュージカル『明洞ロマンス』(명동 로망스) @ Theatre Dasani, Seoul《2018.12.30ソワレ》

f:id:theatregoersatoko:20190113020247j:plain

 2018-2019年の年末年始の観劇5作品目は韓国創作ミュージカルの『明洞ロマンス』(명동 로망스) を観てきました。前日の『風月主』に引き続き、二日連続でソン・ユドンさんが出演する舞台でした。2015-2016年の初演、2016年の再演に引き続き今期の『明洞ロマンス』はソウルでは三度目の公演。1 写真のキャストボードの通り、私が観劇した日のキャストのみなさんは以下のみなさまでした。

 チャン・ソノ:ソン・ユドンさん
 イ・ジュンソプ:キム・スヨンさん
 チョン・ヘリン:チョ・ユンヨンさん
 パク・イナン:チェ・ホジュンさん
 ソン・ヨイン:チョン・ダヒさん
 チェ・ホンウィ:ジョンミンさん

 ちなみに初演、再演では同日のマチネに『ミッドナイト』のビジター役で観たコ・サンホさんがユドンさんと同じ主役のソノを演じていたようです。


  1. 正確に書くと、2016年の再演は3月22日から4月24日にかけての約一ヶ月間の公演とは別に、8月に二日限定の公演も行われています。

続きを読む

【作品紹介】ミュージカル『アランガ』(아랑가):2019年再演 全曲リストと楽曲紹介

f:id:theatregoersatoko:20190224162739j:plain

 3年ぶりに再演された私の大好きな韓国創作ミュージカルの『アランガ』(아랑가) 。2016年の初演の際に作った全曲リストと楽曲紹介をもとに再演での変更点を踏まえて楽曲の内容、一部歌詞とその訳を簡単に紹介してみたいと思います。

続きを読む

【観劇レポ】ミュージカル『アランガ』(아랑가) @ TOM Theatre, Seoul《2019.2.16マチネ, 2019.2.17マチネ》

f:id:theatregoersatoko:20190219233140j:plain

 高句麗百済新羅の三つの国が半島を割拠していた三国時代を舞台にしている韓国創作ミュージカル『アランガ』(아랑가)。2016年に初の商業公演を迎えた本作は、その年のイェグリン賞1でカン・ピルソクさんの主演男優賞をはじめ、様々な賞を受賞したことで話題になりました。『アランガ』は私が初めてどっぷりハマった韓国創作ミュージカルでもあり。2016年の初演の際は、たくさんの方々が『フランケンシュタイン』が上演されている忠武アートセンターの大劇場に吸い込まれていく中、同じ建物の地下の円形劇場に12回も通ったのでした。これぞ回転ドア観客2


  1. 韓国のその年に上演された韓国オリジナルの創作ミュージカルに与えられるミュージカルアワード。

  2. 同じ作品を何度も観る観客を韓国語ではこう表現するようです。日本でいう所のリピーター。

続きを読む

【観劇レポ】ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』(스토리 오브 마이 라이프, The Story of My Life) @ Baegam Art Hall, Seoul《2019.2.9マチネ, 2019.2.10ソワレ》

f:id:theatregoersatoko:20190211163854j:plain

 いよいよ明日に迫った韓国版ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』(스토리 오브 마이 라이프, The Story of My Life, 以下SOML) の今季の千秋楽。元々は2月から始まる別作品を中心に観るつもりで予定していた今年の初渡韓。色んな方々のSOMLの感想を聞いているうちにどうしても今季の全キャストが観たくなってしまい、観劇予定を大幅に変更してSOMLを2回観てきました。私の観劇日程とキャストのみなさまは以下のみなさまでした。

  1. [2019.2.9マチネ]
     トーマス・ウィーバー:カン・ピルソクさん
     アルヴィン・ケルビー:チョン・ウォニョンさん
  2. [2019.2.10ソワレ]
     トーマス・ウィーバー:チョ・ソンユンさん
     アルヴィン・ケルビー:イ・チャンヨンさん

 今思ったんですが、この二組のペアはなんとなくキャスボ写真の顔の向きがお揃いですね(笑)一言でそれぞれのペアの感想を書くとすると、ピルソクさんトーマスとウォニョンさんアルヴィンのペアは今まで私が思ったことがあまりないSOMLの解釈が頭に残ったペアで、ソンユンさんトーマスとチャンヨンさんアルヴィンは私がイメージするSOMLの物語の王道ど真ん中を行くペアでした。

続きを読む

【観劇レポ】ミュージカル『ミッドナイト』(미드나잇, Midnight)@ DCF Daemyeong Culture Factory, Seoul《2018.12.30マチネ》

f:id:theatregoersatoko:20190113020841j:plain

 2018-2019年の年末年始の観劇第4弾はソウル大学路のデミョン文化工場のライフウェイ・ホールへ。こちらの劇場でミュージカル『ミッドナイト』(미드나잇, Midnight) を観劇してきました。2017年にソウルでワールド・プレミアが行われた『ミッドナイト』。この作品は1930年代のソ連の一部であった頃のアゼルバイジャンを舞台にしたエルキン・エファンディエフ (Elchin Afandiyev)1 の戯曲、『地獄の市民たち』(Citizens of Hell) を原作としたティモシー・ナップマン (Timothy Knapman) の脚本によるミュージカル。ビジター、マン、ウーマンという物語の中心となる三人の人物以外の登場人物たちを俳優兼ミュージシャンの「プレイヤー」たちが務めるという一風変わった演出のミュージカルです。私が観たキャストのみなさんは写真の通り、以下のみなさまでした。

 ビジター:コ・サンホさん
 マン:キム・ジフィさん
 ウーマン:チェ・ヨヌさん
 プレーヤー
  キム・ソニョンさん(ギター、隣人夫、他)
  キム・サラさん(フルート、隣人妻、他)
  シン・ジグクさん(コントラバスNKVD、他)
  イ・ナレさん(バイオリン、NKVD、他)
 ピアニスト:オ・ソンミンさん

 ミュージカル『ミッドナイト』の音楽監督前日に行ったコンサートの主役でピアニストのイ・ボムジェさん。サンホさん、ヨヌさん、ジフィさんという観たい俳優さんたちが揃う日を狙って日程を決めたところ、奇しくも大晦日の前日の観劇となりました。


  1. アゼルバイジャン出身の作家、政治家。

続きを読む