Sparks inside of me

劇場に行くためにどこでもドアが欲しいミュージカルオタクの観劇記録と観るためのあれこれ

【作品紹介】ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』

 ミュージカル『ファン・ホーム』の日本初演を観てからというものの、「日本でもっと小劇場ミュージカルが観たい!」と常々思っていた気持ちがより一層大きくなりました。観たいものを観るためには地球の裏側に行くのもやぶさかではない私ですが、スーッと言葉が沁みてくる母国語公演もやっぱりいいなぁと最近しみじみ思うことが多く。ぜひ日本で演って欲しいなぁという気持ちもモリモリ込めて、私が好きな日本未上演のミュージカル作品を紹介してみたいと思います。韓国にミュージカルを観に行き始めてからは、好きな小劇場作品がどんどん増え続けているのですが、今回は『ファン・ホーム』が響いた方には気に入って貰えるんじゃないかなぁと思う作品、ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』(The Story of My Life, 以下一部SOMLと略記) をご紹介したいと思います。

続きを読む

【観劇レポ】ミュージカル『スモーク』(SMOKE) @ Asakusa Kyugeki, Tokyo《2018.10.27ソワレ》

 期待以上だった韓国ミュージカル『スモーク』(SMOKE, 스모크)の日本語翻訳公演。観劇直後のふわふわとした高揚感に頭がぼーっとしているまま、その日のうちに初回観劇と全く同じキャストでのリピーターチケットを購入したものの、「やっぱりもう片方のキャストの方でも観たいよなぁ」と思いが脳裏を離れず、『スモーク』日本初演の千秋楽前日に再び浅草九劇を訪れて、鏡と煙のイサン(李箱)の詩の世界を堪能してきました。私が観劇した10月27日ソワレのキャストのみなさまは下記の通り。

 超(チョ):木暮真一郎さん
 海(ヘ)大山真志さん
 紅(ホン)高垣彩陽さん

 ピアニスト:河谷萌奈美さん

 初回の観劇レポはこちら。作品の概要やあらすじ、ミュージカルの物語の元になった詩人イサンとその作品についてもご紹介していますので、興味がある方はご参照ください。

続きを読む

【観劇記録】2018年下期観劇まとめ(9月)

 2018年の下期に観劇した作品についての個人的な記録を兼ねたまとめ記事その3、9月分です。個別のレポを書いた作品はそちらへのリンク、個別レポを書いていないものは簡単に感想も書いています。

続きを読む

【観劇レポ】ミュージカル『スモーク』(SMOKE) @ Asakusa Kyugeki, Tokyo《2018.10.6ソワレ》

 2018年10月初旬の三連休初日、韓国の詩人イサン(李箱)の詩と人生にインスピレーションを受けたミュージカル『スモーク』(SMOKE, 스모크) 1日本初演を浅草九劇に観に行ってきました!正直、「日本版はどうなんだろう?」と様子伺いなところがあったのですが、期待していた以上にとても良かったです!オリジナルの雰囲気をかなり残しつつも、浅草九劇の狭い空間を上手く使った演出。耳馴染みがよく、自然な翻訳歌詞。熱量の高い俳優さんたちの演技と歌。役者さんの持ち味と役の解釈で異なる表情を見せ、引き込まれる緊張感溢れる物語。私がソウルでハマった『スモーク』がそこにはありました。たった三人の俳優さんで全編演じきる『スモーク』の舞台。私が観劇した10月6日ソワレのキャストのみなさまは下記の通り。

 超(チョ)日野真一郎さん
 海(ヘ)大山真志さん
 紅(ホン)池田有希子さん

 ピアニスト:河谷萌奈美さん


  1. 日本版のタイトルは英語の『SMOKE』表記が正式なものなのだと思うのですが、韓国版の感想記事と表記を統一するためにはこの記事ではカタカナの『スモーク』としています。

続きを読む

【観劇レポ】ミュージカル『インタビュー』(인터뷰, Interview) @ Dream Art Center, Seoul《2018.9.29ソワレ》

f:id:theatregoersatoko:20180930184016j:plain

 最終的に今期9回観た韓国創作ミュージカルの『インタビュー』(인터뷰, Interview) 。とても好きな作品ですが、「何回も観すぎてもうこの作品に対しては涙は枯れてしまったかな」と思っていたりもしました。私にとって今季ラストとなった千秋楽前日の『インタビュー』の公演。本当に素晴らしく、久しぶりに流れ出てくる涙をぬぐいながら観劇になりました。今回も公演の記憶を留めておくための備忘録的レポで、やたらと細かくて長いです。出演されていた俳優さんたちのマッコン1でもあった2018年9月29日ソワレの回。キャストのみなさまは下記の方々です。

 ユージン・キム : パク・ウンソクさん
 シンクレア・ゴードン : キム・ギョンスさん
 ジョアン・シニアー : チェ・ムンジョンさん


  1. マッコンをハングルにすると막공。「最後の公演」という意味の 마지막 공연(マジマク コンヨン)の略語と思われ、千秋楽のこと。

続きを読む

【観劇記録】2018年下期観劇まとめ(8月)

 2018年の下期に観劇した作品についての個人的な記録を兼ねたまとめ記事その2、8月分です。個別のレポを書いた作品はそちらへのリンク、個別レポを書いていないものは簡単に感想も書いています。今回から少し写真も貼ってみたり。

続きを読む

【観劇レポ】演劇『R&J』(알 앤 제이) @ Dongguk University Lee Hae-rang Art Company, Seoul《2018.9.16マチネ》

 つい先週韓国で演劇観劇デビューしたばかりですが、9月最初の連休は2本演劇作品を観劇してきました。両方とも友達の話を聞いているうちに自分も観たくなった作品。うち一本はシェイクスピアの戯曲の中でおそらく一番有名な『ロミオとジュリエット』が劇中劇になっていて、劇中劇と劇中の現実が交錯するジョー・カラルコ (Joe Calarco) 氏の脚本による『R&J』(알 앤 제이) という作品。日本では2005年に初演があり、ちょうど今年2018年の1月から2月にかけて、世田谷パブリックシアターのシアタートラム、兵庫県立芸術文化センターで再演があったばかり1なので、もしかしたら日本でこの作品を観劇されたことのある方もいらっしゃるかもしれません。舞台ならではの表現方法、演出がとても魅力的で劇場に足を踏み入れた瞬間にワクワクした気分で気持ちが浮き立つとても好きなタイプの作品でした。私が観劇した回のキャストのみなさんは以下の通り。

 学生1(ロミオ):ソン・スンウォンさん
 学生2(ジュリエット/ベンヴォーリオ/ジョン修道士):ユン・ソホさん
 学生3(マーキューシオ/キャピュレット夫人/ロレンス修道士):ソン・ユドンさん
 学生4(ティボルト/乳母/バルサザー):イ・ガンウさん


  1. 詳細はこちら。http://tristone.co.jp/RJ/

続きを読む