Sparks inside of me

劇場に行くためにどこでもドアが欲しいミュージカルオタクの観劇記録と観るためのあれこれ

【コンサート】HONGCERT Letter from London @ Olympic Park Olympic Hall, Seoul《2015.2.7-8》 (Part 1)

HONGCERT Letter from London (Part 1)

  2015年2月6日〜2015年2月8日の三日間で開催されたホン・グァンホ (홍광호, Hong Kwang-Ho) さんの二度目の単独コンサート、『HONGCERT Letter from London』。そのうち後半2日間の2月7日(土)、2月8日(日)の二日連続で行ってきました。当日の様子、曲の感想や個人的なエピソード、韓国人のファンの友達に教えてもらったMCの内容をいくつかピックアップして紹介したいと思います。

 Opening / オープニング

 ステージの半透明のカーテンに映像が流れて、2013年の夏に開催された初回のHONGCERTのアンコールナンバー、「안녕」(アンニョン) を歌うグァンホさんのさわやかな歌声が会場に。

 実は私、2月7日は比較的近隣のシャルロッテ劇場でマリー・アントワネットを観劇していたのにも関わらず、道に迷うという大失態をしでかしてしまいまして。チケットをとってもらったツイ友さんの計らいでチケット・ボックスにチケットを預けてもらい、なかなか言葉が通じないタクシーの運転手さんに必死に「ここに行ってください」と伝え、半泣きになりながら少し遅刻で会場に駆け込んだところ、なんとかギリギリこのオープニングに間に合いました。本当に間に合ってよかった…。心配をかけてしまったツイ友のお二人には改めてお詫びをm(_ _)m

Kim’s Nightmare

 会場が暗くなり、雰囲気は一転して甲高いロックギターの音と鳴り響く不穏な雰囲気の音楽。「これは、もしや…!?」とステージを見つめながらドキドキしていると、期待通り ♪チャンチャン チャチャチャーン チャーーン ドーーン♪ という聞き慣れた Miss Saigon の Thuy (トゥイ)ナンバーの旋律が!そしてステージには背後にスポットライトを浴びて、シルエットが大きく半透明のスクリーンカーテンに映し出されたグァンホさんの姿が!!

 ロンドンでグァンホさんのトゥイを観てグァンホさんに落ちた私。グァンホさんのトゥイは本当に本当に素晴らしくて大好きなんですが、トゥイは重要な役ではあるものの主役ではないので、もしかしたらコンサートでは歌ってくれないかもしれないなぁ、なんて思っていたのでテンションはダダ上がり。少しロックな感じにアレンジされていて、大音響で聞くグァンホさんの「Kim’s Nightmare」には本当にしびれました。

Home

 大歓声とともに「Kim’s Nightmare」のパフォーマンスが終わると、ステージはライトアップされ、スーツにコート姿で折り畳み自転車にまたがるグワンホさんの姿が明らかに。ちょうどこの写真の格好です。

 重々しい最初のナンバーとはまた雰囲気をガラリと変えて披露したのが Michael Bublé (マイケル・ブーブレ) さんの「Home」という曲。最初のコーラスが終わったところで、ステージのスクリーンカーテンが開き、自転車に乗ったグァンホさんは会場へ!郷愁の思いを穏やかな歌声で切々と歌い上げながら、自転車で広いオリンピック・ホールの会場を走り回るグァンホさん。近くを通るたびに客席から歓声があがり、会場は大盛り上がりです。最後の ♪ I’ll be home tonight  I’m coming back home ♪ の部分が ♪ I’m back in Seoul tonight  I’ve come back home ♪ にアレンジされていて、ここでも客席は大喜びでした^^

I Love You

 いったん自転車を降りたグァンホさんはシン・スンフン (신승훈) さんの「I Love You」を披露。教えてもらったMCの内容だと、この曲はグァンホさんの高校時代の思い出の曲だそうです。なんでも当時好きだった女の子にこの曲を歌ったテープを贈ったのだけど、結局振られちゃったとか(なんてもったいないことを!)曲を歌っている最中、真っ赤な薔薇の一輪の花束を観客の女性にプレゼントする場面があって、ここでも会場が黄色い歓声に包まれました。私が行った7日と8日はラッキーな観客の女性は一人ずつだったのですが、初日は花束が10束ぐらいあって、色んな人に配っていたそうです。最終日は、花束を渡す…と思いきや、男性の観客に握手を求めて笑いをとったり(笑)

Stars

 世界一のロング・ランを誇るミュージカル Les Misérables (レ・ミゼラブル) からの有名なジャベール刑事のアリア。うっとりしてしまうグァンホさんのよく響くバリトンの音域が堪能できました。

 7日のMCでは、この曲の紹介をする際に、グァンホさんの高校の先輩でもある韓国の人気ミュージカル俳優チョ・スンウ (조승우)さんに初めて会った時の印象を語っていたらしいのですが、最終日の8日は、あのキャメロン・マッキントッシュ卿から “You must be my Javert someday” と言われたというエピソードを話してくれました。すごい話なんですが、そう言われたグァンホさんの反応は、「このままじゃここ(ロンドン)から一生出れなくなる!逃げなければ!」と自分のパスポートを家に帰ってから必死に探したそうな(笑)故郷が大好きなことがコンサートを通してもすごく伝わってくるグァンホさんなので、遠い異国の地での活動はさぞ心細いだろうなぁとは思うのですが、私もいつかグァンホさんのジャベール刑事を観てみたいです。(願わくばバルジャンも)

Why God Why?

 グァンホさんは現在も出演中のロンドンの Miss Saigon のリバイバル・プロダクションでウェスト・エンドデビューしましたが、韓国での主役デビューもこの作品だったそうです。MCを通して話してくれたデビューのエピソードはかなりドラマチック。当時グァンホさんはアンサンブルのメンバーで、主役のクリス役は7日のゲストとしても登場した マイケル・リー (Michael Lee)さん。それまで全く風邪を引くこともなかったマイケルさんの声の異変を「Why God Why?」で感じたと思ったら、その後すぐにスタッフに呼ばれ、劇の途中で主役交代となり、劇の途中で主役デビューとなったそうです。MCの途中で急に会場に背を向けながら話し始めるので、「なんだろう?」と思っていたのですが、どうやらアンサンブルの兵士役として「背中で演技をしていた」最中にスタッフに呼び出されたという場面を再現していたみたいです(笑)

 そんなグァンホさんのクリスの「Why God Why?」の歌声はひたすら甘く、蕩けそう。個人的にはクリスというキャラクターはどうしてもあんまり好きになれないのですが、まったく予期せずグァンホさんのトゥイに落ちたように、グァンホさんのクリスなら好きになってしまいそうな気がします(笑)

Wonderful Tonight  /  Bui Doi

 ロンドンのMiss Saigon でJohn役として活躍中であり、グァンホさんとともに What’s On Stage Award の助演男優賞にノミネートされているヒュー・メイナード (Hugh Maynard) さん。歌ウマ揃いのサイゴンキャストの中でも目を引く存在な二人なだけに、ホンサートのゲストにヒューさんの名前が挙がったときはかなりうれしく、当日のパフォーマンスも楽しみにしてみました。そんな二人がデュエットで歌ったのは Eric Clapton (エリック・クラプトン) の「Wonderful Tonight」。元々優しくて紳士なイメージがある二人が歌う甘いバラード曲は、聞いていると、自然と笑顔がこぼれてくる魅力がありました^^ ヒューさんのバックコーラス部分を歌っている時のグァンホさんがまた本当に楽しそうに歌うのでかわいくて(笑)

 グァンホさんに落ちてから韓国語の勉強を始めた私なので、当然そんな短期間で韓国語の聞き取りができるようになるわけもなく。MCで周りの観客と同じタイミングで笑えないことにだいぶアウェー感を感じていた私にとっては、ヒューさんの簡単な韓国語、英語での挨拶は妙にホッとするものがありました(笑)ソウルの観客に熱烈な歓迎を受けて、少し圧倒され、はにかんだ笑顔を見せるヒューさんもとてもチャーミングで。そんな可愛いところ姿を見せつつも、「Bui Doi」では劇中以上にソウルフルで力強い熱唱を聞かせてくれました。


 ちょうどタイムリーにニュースになっていたので…グァンホさん、What’s On Stage Awards の Best Supporting Actor in a Musical 受賞、おめでとうございます!

 Part 2に続きます

theatre-goer.hatenablog.com