Sparks inside of me

劇場に行くためにどこでもドアが欲しいミュージカルオタクの観劇記録と観るためのあれこれ

【観劇レポ】ミュージカル『ジプシー』(Gypsy) @ Savoy Theatre, London《2015.5.1ソワレ》

Imelda Stauton as Momma Rose

Imelda Staunton as Momma Rose

 2015年のゴールデンウィークの観劇旅行での観劇1作品目はイメルダ・スタウントン (Imelda Staunton) さん主演のミュージカル『ジプシー』(Gypsy) でした。読むレビュー、観劇した方の感想ツイートがどれも大絶賛だったのでかなり楽しみにしていたのですが、期待以上の素晴らしい舞台でした!観劇当日の感想ツイートと、その後にネタバレありの感想が続きます。

観劇後の感想ツイート

 キャスト

 Momma Rose:  Imelda Staunton
 Louise
:  Lara Pulver
 Herbie
:  Peter Davidson
 June
:  Gemma Sutton
 Tulsa
:  Dan Burton

 

ネタバレあり感想

 

 Gypsyのストーリーは、全てあの感動的なラストのためにあるんだと思います。自分の果たせなかった夢を娘に託すMomma Rose。生活が苦しくなっていくにつれて、どんどんMommaは手段を選ばなくなっていく。子供たちのためと言いながら、行き過ぎた名声への執着は彼女自身の夢を実現するためで。それを感じる周囲の人たちは、どんどんMommaの元を去っていく。Roseを愛しているといい、長年プロポーズを続けていたHerbieでさえ。

 最後までMommaの元を離れなかったのは、期待されていなかった方の娘のLouiseだけ。やっと得ることができた母からの期待を裏切りたくない一心で、LouiseはためらいながらもMomma自身が否定した上で引き受けたバーレスクのパフォーマンスでさえもやってみせようとする。その中で才能を開花させ、彼女自身の自我も名声とともに育てていくLouise。Mommaの考えるパフォーマンスが衣装や小道具、歌を変えても基本的に全く同じに見えるのに、Louiseが歌う初めてのストリップ・ティーズのパフォーマンスの「Let Me Entertain You」は同じ曲なのに全く違うものに見えるのがまたとても印象的で。その姿は本当に初々しくも美しく輝いていて、やがて艶やかなものになっていって。

 やっと手に入れた名声なのに、Mommaはそれがバーレスクパフォーマーとしての人気であることが気に入らない。Louiseが自分を蔑ろにしていると感じるのも気に入らない。そのことについて、二人はある日ついに大喧嘩をする。喧嘩の一番最後にLouiseが言った

I thought you did it all for me, Momma
すべて私のためにしてくれてたんだと思ってたわ、ママ

という言葉を受けて、一人になったMommaは自分が人生を捧げてきたことはいったいなんだったのかを自分自身に問い、これからは他人ではなく自分自身が輝くために生きてやると心情を吐露する。ここからラストまでの「Rose’s Turn」のImeldaさんの演技が圧巻で。あまりの凄さに震えて涙が滝のように流れてきました。自分がスターにどれだけなりたかったかという渇望を、全力で一人きりでのパフォーマンスにぶつけるRose。

 そんな母の姿を見ていたLouiseは、きっと母は素晴らしいパフォーマーになれただろうと優しく慰める。ついに母娘が和解したように見えて安堵した側から、MommaがGypsy Rose Lee と二人のショーにしてはどうかと提案する。本当にこの人は懲りないなと思ってると、LouiseがMommaに背を向けて静かに歩き始めて…「ああどうしよう、ついにあの優しいLouiseにも愛想を尽かされてしまった!」とハラハラしていたら、Mommaは娘の背中を追って付いて行って。後から付いてくるMommaに対して、優しく母の腰を抱いて隣を歩くようにエスコートするLouiseの美しい背中に涙腺が決壊しました。まるで聖母のようなLouiseの母への愛に号泣。これを書きながらも思い出し泣きしてます…。

 [2018.2.10 追記]

 観劇から3年経った今でも思い出し泣きできる...(T_T) Imeldaさんはもちろん、Louise役のLara Pulver さんも本当に素晴らしくって。考えてみると、この作品も表現者として生きたい人の業とそれを超える愛の話ですよね。相変わらずこういう話好きだな、私...。